マンション管理を知る

不動産を用いた事業として多くの方々が思い浮かべるのがマンション経営である事に異論は無いでしょう。その規模も当然さまざまであり、1棟を新たに新築する、既存のマンション1棟を丸ごと買い取る形で所有権を有するなど、具体的な着手のパターンはさまざまです。自己所有の1室を第三者に賃貸している人に至っては、皆さんの身近にも大勢居られる事でしょう。

そして当然ここで必要となって来るのが、自己所有物件の「管理」である事もまた、今更言葉にするまでもありません。どれだけ頑強に造られた建物であったとしても、経年劣化という現実を避ける事は出来ません。照明器具などの劣化や予期せぬ電気系統などライブラインのトラブルなどに迅速確実に対応出来る態勢を整えておかなければ、時に深刻な状況を招き兼ねない事も忘れてはなりません。 更に不特定多数の入居者が同じ建物内で各々のライフスタイルに基づき生活し、共用部を共有する訳ですから、居住者間のトラブルのリスクも無視出来ず、何よりこの部分を最重要視すべきだとの意見も聞こえて来る程です。かと言って例えば校則が極端に厳しい学校の如く、全てを規約で縛りつけてしまう事は論外です。入居者にとっては最も心身くつろぐ「自宅」である以上、共同生活空間を管理する事と統制を混同してはなりません。

更には分譲マンションと賃貸マンションでは、踏まえておくべき管理のシステムやノウハウが異って来ます。建物から居住者間の円滑な人間関係の維持に至るまで、掘り下げて学べば学ぶ程、その奥深さに驚かされる事でしょう。今日マンション管理を専門に扱う業者も全国各地で積極的な運営を展開しており、こうした専門業者に管理を委託するケースが多く見られていますが、委託先の選択も慎重に行わねばなりません。こうした諸々を踏まえ、まずは必要最小限踏まえておくべき基礎知識をご一緒に検証して行きたいと思います。

※注目情報
恵比寿の賃貸マンションが一覧で見れるサイトです ⇒ 恵比寿 賃貸